藤井碧峰|正統派書道家 正統派書道家 藤井碧峰|古典臨書に基づく正統派の書が持つ本物の字の良さを追求し、書作品やオリジナル商品、筆文字ロゴ等を制作販売しております。命名書、表札、色紙作品、筆文字Tシャツなど幅広く手掛けており、平成生まれの若手書道家として現代的で、誰よりも敷居の低い、身近な書道家を目指しています。富山、石川にて書道教室も開講中。

自分のプレーに集中する -書への取り組み方-

何が目的の活動か

 
身の回りには自分より活躍されていて有名な書家の方がいらっしゃるのですが、その方々とお話していると自分も含めて考え方が似ているなと思って面白いですね。
 
みんな書家であっても書家になりたくて始めたんじゃなくて、違う目的で始めているというところが、事業として受け入れられているように思います。
それでいるから”どうしたいか””どんなものを書きたいか”というものが見えているし、下手に周りに影響されることもない。
 
書道はほぼほぼ”個”の世界であって、作品展に出して周りと競うと言ってもあっちがこうしてくるからこっちはこうする、というより、各々が限られた時間で沢山書いてベストを尽くしたうえで、良かったものに評価されるだけのことです。(おそらく)
 
ひたすら周りを批判して他人を落として、口だけで自分が優れていると見せつけるマウンティングのプロみたいな人も多いですが、そういうのは自分のプレーに集中できていないんだなと感じます。
やれることをやったら後は堂々と結果を待つのみです。
 

 
競書誌や書き初め大会についても同じことだなと思って、先日の書道教室で同じようなことを生徒さんにお伝えしました。
書き初め大会は同じ課題を書くので当然競いがあるなかでの優劣をつけるわけですが、結局は勝てるように努力するというのは間違っていると感じています。
 
そもそも書道教室に通う理由って何なのかという話で、下手でも書き初め大会で賞を取ることはできるし、でも上手い方が良いよねという話で。
「上手くなったから一番を取れました」
「上手くなったから写真版に載りました」
というのが自然であるべきだと私は考えています。
 
 自分も小さい頃は毎年のように県大会行ったりしてたけど、狙って行っていたわけでもなく、単純に性格のおかげで行けていたようなものです。
「上手く書けなくてイライラする病」
そんな風なものをずっと患っています。
 
いくら書いても理想にたどり着けるものではないからアホみたいに書いていた。
そしたら字が良くなって県大会に行けていた。
それだけのことであって、それが30歳になっても全く治ることがなくて、これだけが日々のモチベーションのようなものです。
きっと満足することなどなくて、また次のステップへと足を進めるのだと思います。
 
 
とにかく書き初め大会は、
・周りがどれだけ上手くても関係ない
・誰が評価しようと関係ない
・自分が納得しても、指導者の先生からの指摘が無くなるまで書き込む
・一枚でも多く書いて精度を高める
 
最終的には【選ばざるを得ないものを書く】
これが自分がずっと思ってきた最良の戦い方です。

関連記事

関連商品

藤井碧峰|正統派書道家

藤井碧峰|正統派書道家

正統派書道家 藤井碧峰|古典臨書に基づく正統派の書が持つ本物の字の良さを追求し、書作品やオリジナル商品、筆文字ロゴ等を制作販売しております。命名書、表札、色紙作品、筆文字Tシャツなど幅広く手掛けており、平成生まれの若手書道家として現代的で、誰よりも敷居の低い、身近な書道家を目指しています。富山、石川にて書道教室も開講中。

屋号 藤井碧峰
住所 〒939-1322 富山県砺波市中野252
電話番号 090-6812-3391
営業時間 9:00~18:00
代表者名 藤井基生
E-mail info@original-sho.com

コメントは受け付けていません。

藤井碧峰|正統派書道家 正統派書道家 藤井碧峰|古典臨書に基づく正統派の書が持つ本物の字の良さを追求し、書作品やオリジナル商品、筆文字ロゴ等を制作販売しております。命名書、表札、色紙作品、筆文字Tシャツなど幅広く手掛けており、平成生まれの若手書道家として現代的で、誰よりも敷居の低い、身近な書道家を目指しています。富山、石川にて書道教室も開講中。

〒939-1322 富山県砺波市中野252

09068123391

営業時間 9:00~18:00

MAPを見る
[instagram-feed]