藤井碧峰|正統派書道家 正統派書道家 藤井碧峰|古典臨書に基づく正統派の書が持つ本物の字の良さを追求し、書作品やオリジナル商品、筆文字ロゴ等を制作販売しております。命名書、表札、色紙作品、筆文字Tシャツなど幅広く手掛けており、平成生まれの若手書道家として現代的で、誰よりも敷居の低い、身近な書道家を目指しています。富山、石川にて書道教室も開講中。

<動画>欧陽詢 九成宮醴泉銘の臨書

珍しい藤井碧峰の揮毫動画

 
このブログをご覧の方は書道関係者が結構多いということで非常に恥ずかしいですが、
臨書の動画をたまには投稿してみます。
  
 
題材は、楷書の極則と言われる欧陽詢「九成宮醴泉銘」の臨書です。
 
こちらは集字したもので「至之」  


 
それほど良い動画じゃないかもしれませんが、初心者の方には是非見て頂きたい点は
筆を一回一回墨につけるようなことはしません。
(自分は貧乏人だから贅沢に墨を使えないんですよ。。)
 
書道は慣れてくると大体1字は一回墨を付けたら一気に書きます。
 
この間に穂先を直すことは多少必要ではありますが、慣れてくると終筆の際に穂先を
直せるようになるので、筆を休めることも減ります。
 
「至之」は羊毛(粗光鋒)の長鋒で書いたので少し苦戦してますが、
『之』の3画目では羊毛筆の線が出て、線に個性があらわれます。
 

続いての動画

 
同じく楷書・欧陽詢の九成宮醴泉銘より『皇帝』という字の箇所を書きました。
 
こちらは筆を兼毫筆に変えて書いてみました。
毛が短くて腰があるので、楷書にはピッタリの筆だったりします。
 


 
筆が変わったとはいえちょっと雰囲気が変わるだけで、書き方はさほど変わりません。
スピード感もほとんど変わらず。
 
いつも大体このスピードで書きます。
九成宮醴泉銘は結構運筆が早めで、あの線を出すとなると結構書き込まなくてはいけません。 
 
九成宮醴泉銘
 
大抵の方はまず最初に半紙に臨書すると思うのですが、2~4字で臨書されることをお勧めします。
 
他の書体もそうですが、半紙に6字入れるとなると紙に収めるのが難しいですし、
動きが小さくなりますので腕を動かして書くことを覚えられません。
 
 
楷書は書道、習字を習ううえで一番の基本となる書体ではありますが、
実際のところちゃんと書ける人が少ないので、私は本当に大切にしています。
(↑同じことばかり書いてますね汗) 
 
中には自分の楷書が書けていないことに気づいていない、だけど自信家な人もいます。
 
楷書の臨書をするのなら、見る目をつけるためにも細部まで分かりやすい、
九成宮醴泉銘の臨書というのは本当におススメです。
 
7000円筆 筆文字 

私は九成宮醴泉銘に出会って、自分の書道の意識が変わりました。
また簡単に書いて上手く書ける古典では無いので、一生の共になると思います。
 
そして何よりも字が美しいです。
是非、皆さんも九成宮醴泉銘友の会にご入会してくださいね。笑
 
 
楷書をそこそこ書けると行書も上手に書けるようになってくるので、
本当に楷書は大切にしていきたいです♪

関連記事

関連商品

藤井碧峰|正統派書道家

藤井碧峰|正統派書道家

正統派書道家 藤井碧峰|古典臨書に基づく正統派の書が持つ本物の字の良さを追求し、書作品やオリジナル商品、筆文字ロゴ等を制作販売しております。命名書、表札、色紙作品、筆文字Tシャツなど幅広く手掛けており、平成生まれの若手書道家として現代的で、誰よりも敷居の低い、身近な書道家を目指しています。富山県、石川にて書道教室も開講中。

屋号 藤井碧峰
住所 〒939-1322 富山県砺波市中野252
電話番号 090-6812-3391
営業時間 9:00~18:00
代表者名 藤井基生
E-mail info@original-sho.com

コメントは受け付けていません。

藤井碧峰|正統派書道家 正統派書道家 藤井碧峰|古典臨書に基づく正統派の書が持つ本物の字の良さを追求し、書作品やオリジナル商品、筆文字ロゴ等を制作販売しております。命名書、表札、色紙作品、筆文字Tシャツなど幅広く手掛けており、平成生まれの若手書道家として現代的で、誰よりも敷居の低い、身近な書道家を目指しています。富山、石川にて書道教室も開講中。

〒939-1322 富山県砺波市中野252

09068123391

営業時間 9:00~18:00

MAPを見る
[instagram-feed]