藤井碧峰|正統派書道家 正統派書道家 藤井碧峰|「美しい字を書きたい」というシンプルで大変奥深い目標を達成すべく日々練習に励んでおります。本格的な書をはじめ、筆文字Tシャツやスマホケースの販売など、世界観を表現しながら、より沢山の方々に書道の魅力を知っていただければ幸いです。お気に入りの作品等ございましたら是非お気軽にお問い合わせください!

独立書展&書道博物館その他

1月9日の書道作品展巡り

 
1月9、10日は仕事の関係で東京に行っていたのですが、初日は4か所の作品展を見に行ってきました。
 
銀座では、
・現代の書 新春展 -今いきづく墨の華-
(和光ホール&セントラルミュージアム銀座)
・第2回 博光会書の新春展
(鳩居堂)
の3か所を回ってきました。(残念ながら画像はありません)
 
博光会の作品展は温かい雰囲気の作品が並んでいて、石飛博光先生の会らしさを満喫しました。
 
 
六本木の国立新美術館では「第67回独立書展」を見てきました。
ちなみに私は創玄書道会系ですが、たまには他の流派も見ようと思いまして。
 
独立書展&書道博物館その他 独立書展&書道博物館その他 独立書展&書道博物館その他 独立書展&書道博物館その他 独立書展&書道博物館その他 独立書展&書道博物館その他
 
印象に残った作品を一気に投稿しました。
 
何が凄いと言っても、大きい国立新美術館の壁をこんなに埋め尽くすような作品が飾られていることが
インパクトあって良かったです。
(人の大きさと比較してください!)
 
・これ書くのにどれくらいの広いスペース要るのか
・1枚書くのにどれくらいの紙のサイズ(とお金)
・どれくらい大きい筆
・どんな風に書いてるのだろう
・墨何リットル必要なんだろう
同じく書道をする身としては色んなことが気になりました笑
 
 

10日は書道博物館、国立博物館へ

 
独立書展&書道博物館その他
 
朝から台東区立書道博物館へ行ってきました。
こちらには我々が日頃勉強している法帖の拓本があるのですが、それを沢山見ることができます。
 
原拓の大きさを見ると、我々の勉強の仕方とのスケールのギャップを感じるところではありますが、
小さくてもスケール感を感じる書からは何も感じずにいられません。
 
 
その後は国立博物館へ。
王羲之関連の拓本類が置いてありました。
 
もちろんこれを見て何を感じるかは人それぞれではありますが、こうした小さな一字一字の中に宿る
生命感のようなものは、書道と名乗るからには欠かせないものだなと実感しました。
 
 
東京にはこういった書道関連の見所もたくさんあるので、今後も積極的に訪れたいものです。

関連記事

関連商品

藤井碧峰|正統派書道家

藤井碧峰|正統派書道家

正統派書道家 藤井碧峰|「美しい字を書きたい」というシンプルで大変奥深い目標を達成すべく日々練習に励んでおります。
本格的な書作品をはじめ、筆文字Tシャツやスマホケースの販売、書道教室の指導者として、より沢山の方々に書道の魅力を知っていただければ幸いです。
お気に入りの作品等ございましたら是非お気軽にお問い合わせください!

屋号 藤井碧峰
住所 〒939-1322 富山県砺波市中野252
電話番号 090-6812-3391
営業時間 9:00~18:00
代表者名 藤井基生
E-mail info@original-sho.com

コメントは受け付けていません。

藤井碧峰|正統派書道家 正統派書道家 藤井碧峰|「美しい字を書きたい」というシンプルで大変奥深い目標を達成すべく日々練習に励んでおります。本格的な書をはじめ、筆文字Tシャツやスマホケースの販売など、世界観を表現しながら、より沢山の方々に書道の魅力を知っていただければ幸いです。お気に入りの作品等ございましたら是非お気軽にお問い合わせください!

〒939-1322 富山県砺波市中野252

09068123391

営業時間 9:00~18:00

MAPを見る
[instagram-feed]