藤井碧峰|正統派書道家 正統派書道家 藤井碧峰|「美しい字を書きたい」というシンプルで大変奥深い目標を達成すべく日々練習に励んでおります。本格的な書をはじめ、筆文字Tシャツやスマホケースの販売など、世界観を表現しながら、より沢山の方々に書道の魅力を知っていただければ幸いです。お気に入りの作品等ございましたら是非お気軽にお問い合わせください!

「書道家」の作品集を集める

書道家は芸術家

 
「書道家は芸術家」だと感じざるを得ないのが、個展であったり作品集を見た時。
その人の世界観であったり価値観のようなものが伝わってきます。
 
先日、東京に行った際に比田井天来先生の作品集を2点手に入れました。
物凄く歴史を感じさせる雰囲気の2冊!!笑
 
書道家作品集|比田井天来、金子鴎亭、金子卓義
 
天来先生の書き方というのはどうお伝えすれば良いのかわかりませんが、うーん、、、凄いです笑
 
書道家作品集|比田井天来、金子鴎亭、金子卓義 
 
臨書の大切さを説いた比田井天来先生ですが、本当にどれだけ臨書されたのだろう?と
疑問に感じるくらい線が凄いんですよね。
  
物凄く早い運筆。
これを真似しようとするとすぐに「無理だな」と感じます。
やはり沢山書いたものにしかたどり着けない境地なのでしょうか?
  
そして字形に関しても造形力が素晴らしい。
造形力というのはセンスのようなものですので、なかなか誰にでも真似できません。
 
 
まあ28歳でこんな風に比田井天来先生の書業、考え、作品に惹かれて、天来先生の
作品集を持っている人間なんてなかなかいないと思います。。。笑
 
でも「書を本気で学ぶ」と考えた時に、比田井天来先生を学ぶことは非常に有意義なことです。 
 

金子鴎亭、金子卓義作品集 

 
 
今週買ったのは金子鴎亭先生、金子卓義先生の作品集。
 
書道家作品集|比田井天来、金子鴎亭、金子卓義
 
これは作品が素晴らしいのはもちろん、所々に先生の遺した言葉が記されています。
 
<金子鴎亭先生>

・書の律動性
書と最も近い芸術はおどりである。
 
中でも能の仕舞は最も多くの共通点がある。すなわち、リズムに乗って美しくおもしろい線や
形を描いて行く。そして一度描いた線・形はもうやり直しがきかない。
 
人間の心の動きを瞬間ごとに作品に定着させてゆくおもしろさは、書の大きな魅力である。
 
  
・弘法筆を選ばず
筆の持っている能力の何分の一しか使いこなせなかったり、また逆に、その筆の能力の限界以上の
ことを要求し、無理を強いること頃に悪作が生まれる。
 
技法の老熟した人は、筆を使いこなすというよりは、むしろ筆と妥協し、筆に使われるくらいの
余裕をもっている。
 
 
・破壊と創造
一つの境界に達し、そこに安住してしまうと、単に職人になってしまう。
 
芸術家は、苦心して到達した新しい道でも、出来上ったらぶち壊して又新しいものを求める。
 
常に自分自身が新しくなる。日々新たでなければならない。
 
 
・時代がつくる
私は美術は個人がつくるものではなく、時代が生むものだと考えます。
現代が、今の作家に画をかかせているのです。
 
明治と今と二十一世紀と、美術はおのずから違っていかなければならないと思う。
 
 
・師風を否定
つとめて師風を避け、古典の理法を現代に蘇生させ自分の作風を創造する。
いわゆる創作を第一義として奨励している。
 
三千年に亘る日本と中国の書の資料を縦横に研究し、その精髄を汲んで創作した者が
最後の勝利者なのです。

 
<金子卓義先生>

 

・書の魅力の一つは一過性にあるという。二度と同じ線は引けないのだから、筆の軌跡は
必然と偶然の極地にいなければならない。
  
・「努力することのできる人が書の天才である」と思います。書道において大きく分けて、
書く努力、見る努力、聞く努力、この三つが柱だと思います。
 
・線が感情、感動を表現できると信じ、自分の心を伝えるために書をやっている。

 
 

古典から個性へ、模倣から個性を学ぶ

 
書道家として沢山学ぶことに大いに越したことがありません。
より多くの古典に出会うことは、より個性を格調高いものにするには欠かせません。
 
それと同じくして、他の書道家の先生方の作品を同じように書いてみることから
得ることも沢山あります。 
 
書道家作品集|比田井天来、金子鴎亭、金子卓義
 
こちらは金子鴎亭先生の作品を真似して書いたものです。
 
リズムも違えば筆遣いも違う。
字の造形性も違う。
 
新しい発見も沢山あります。
 
 
”真似””模倣”というと、どうしても”パクリ”みたいなイメージがあるとは思いますが、
高度になってくると「解釈」であり、自己の表現方法を拡げる手法となります。
 
向上心を持ち続け、絶えず勉強していきたいものですね。

関連記事

関連商品

藤井碧峰|正統派書道家

藤井碧峰|正統派書道家

正統派書道家 藤井碧峰|「美しい字を書きたい」というシンプルで大変奥深い目標を達成すべく日々練習に励んでおります。
本格的な書作品をはじめ、筆文字Tシャツやスマホケースの販売、書道教室の指導者として、より沢山の方々に書道の魅力を知っていただければ幸いです。
お気に入りの作品等ございましたら是非お気軽にお問い合わせください!

屋号 藤井碧峰
住所 〒939-1322 富山県砺波市中野252
電話番号 090-6812-3391
営業時間 9:00~18:00
代表者名 藤井基生
E-mail info@original-sho.com

コメントは受け付けていません。

藤井碧峰|正統派書道家 正統派書道家 藤井碧峰|「美しい字を書きたい」というシンプルで大変奥深い目標を達成すべく日々練習に励んでおります。本格的な書をはじめ、筆文字Tシャツやスマホケースの販売など、世界観を表現しながら、より沢山の方々に書道の魅力を知っていただければ幸いです。お気に入りの作品等ございましたら是非お気軽にお問い合わせください!

〒939-1322 富山県砺波市中野252

09068123391

営業時間 9:00~18:00

MAPを見る
[instagram-feed]